親知らずが痛い・歯を残したい~口腔外科・エクストリュージョン~

健康な歯をできるだけ残すために

「親知らずがあるので抜歯しましょう」
「歯が破折しているので抜歯が必要です」

歯医者に行った際にそんな診断を受けてた方はいらっしゃいませんか? 仕方なく抜歯を行おうとしているとしたら、一度、明石市の歯医者「原歯科」までご相談ください。もしかすると、その歯は残すことができるかもしれません。

親知らずの治療

親知らずの治療

奥歯のそのまた奥に生えてくるが親知らず。痛い場合や、ほかの歯を圧迫して歯並びを乱す場合は抜歯をするほうがいい場合があります。ただ、正常に生えている場合は抜く必要はないと当院では考えています。それは、将来、歯牙移植のための歯として使えることがあるからです。

歯牙移植とは?

おもに奥歯を失ったとき、ふだん咬み合わせにあまり関与しない歯を抜いて、移植することができます。これが歯牙移植で、自分の歯を使うと移植の成功率が高まります。このとき使われることが多いのが親知らずです。お口の状況によっては保険が適用される場合がありますので、詳しくは当院にご相談ください。

症例紹介
症例をご紹介

術前

術後

歯を残す治療:エクストリュージョン

エクストリュージョン(歯根廷出:しこんていしゅつ)とは、歯を強制的に引っ張り出すことです。歯肉の下に埋もれている虫歯や、割れている歯の治療のために、専用装置を使って歯を牽引(けんいん)。歯を引き上がるので、治療後のメインテナンスがしやすくなることがあります。

深い虫歯の治療で、ほかの歯科医院で「抜歯をするしかありません」と言われたのでしたら、一度、当院までご相談ください。エクストリュージョンをすることで、歯を残せる可能性が高まります。ただ、歯の状態は事前診断が難しく、エクストリュージョン後に治療が難しいとわかる場合もありますので、あらかじめご了承ください。

顎関節症もご相談ください

顎関節症とは、「顎がカクカク鳴る」「口を開けると痛む」「口が大きく開けづらい」そんな症状が長く続く状態をいいます。発症の原因はさまざまで、特定が難しい顎関節症。当院では、その治療法として「スプリント療法」を採用しています。患者さんの歯型に合わせたマウスピースを就寝時に装着していただくことで、歯ぎしりや食いしばりによる強い顎への負担を軽減します。スプリントは比較的簡単に調整できるのもメリットです。

スポーツマウスガードもつくります

咬み合わせは全身の筋肉に影響を及ぼすことがわかっています。咬み合わせが悪いと、顎の筋肉だけでなく、首や背骨、腰にまで影響を与えることがあるのです。最近では、スポーツパフォーマンスの向上を目的として、スポーツマウスガードを活用するアスリートが増えています。全身への影響を考えた咬み合わせにするスポーツマウスガードのことは、当院までご相談ください。

※マウスガードの製作は保険適用外となります。

~ドクターからのワンポイントアドバイス~親知らずの抜歯の判断は歯医者で

まっすぐに生えている親知らずは、ほかの歯と同様、虫歯にならないように毎日ケアしましょう。ただ、「痛い」「腫れている」などほかの歯や顎関節に悪影響を与える親知らずは、抜歯することがほとんどです。むずむず気になる親知らずがありましたら、まずはお早めにご相談ください。

親知らずの抜歯の判断は歯医者で

明石市の原歯科の特徴についてはこちら

このページの先頭へ